リサイクルトナーのメリットとデメリット

リサイクルトナーを見かけることが多くなってきました。価格が安いということはメリットではありますが、それが逆に不安になってしまうという人も少なくありません。リサイクルトナーの安さの秘密を知っておきましょう。

なぜ安いのか

リサイクルトナーは、メーカーの純正のトナーに比べると半額以下という安さになっていることも少なくありません。これはリサイクルトナーが純正のトナーの部品をリサイクルし、インクだけを最充填して使っていることが理由となっています。純正のトナーの場合、部品もすべて新品となりますのでその料金が別途かかってしまいます。しかしリサイクルトナーの場合、費用が掛かる部品の開発などにお金がかかりませんので、その分安く消費者に提供することができるようになっているのです。印刷できる枚数も純正のトナーと大差はありませんので、1枚当たりの印刷の料金を大きく削減できるのがリサイクルトナーが人気の理由の一つとしてあげられます。

注意点もある

これだけを見ると、安いリサイクルトナーでも問題はないだろうと考えてしまうかもしれません。しかしすべてのリサイクルトナーが安全に使うことができるのかというと、実際にはそうではないのです。特に価格が安すぎるものや海外製のものの場合、部品のメンテナンスをせずにトナーだけを詰め替えているケースがありますので、使用している時にトラブルが起こりやすくなっています。また、黒のトナーに関しては純正品と見た目では違いはほとんどわかりませんが、カラーになると純正品のトナーとリサイクルトナーでは色味が違ってくることがあります。純正品のトナーと同じ美しい印刷をしたいという場合には、リサイクルトナーは向いていないといえます。

リサイクルトナーの選び方は

リサイクルトナーを購入する際には、保証の有無についても確認しておきましょう。リサイクルトナーを利用していると、トナーだけではなくプリンタ本体にトラブルが生じてしまう可能性があるのですが、その際にプリンタの故障などのトラブルに応じてくれないメーカーの場合、安いリサイクルトナーを購入して、高いプリンタ本体を駄目にしてしまうというケースがあるからです。プリンタが故障してしまうと、コスト削減のためにリサイクルトナーを使っても、結局はそれ以上の出費が必要になってしまいます。また、リサイクルトナー自体の保証もきちんと行ってくれるのか、保証期間はどの程度あるのかという点もチェックして購入するようにしましょう。