純正トナーにはない魅力がリサイクルトナーにはある!?

プリンターを使用し始めると、いつかはインクカートリッジが空になり交換を促すエラーメッセージが出てきます。さて交換用に純正トナーを探すのですが、思いの外、値が張ります。少しでも安い商品を探しているとリサイクルトナーの存在に出くわします。

交換トナーにも種類がたくさんある

国内正規品である純正トナーを筆頭にして、海外正規品や汎用トナー、さらにリサイクルトナーと実にたくさんの種類があります。さらに、リサイクルトナーの中でも、空のトナーカートリッジに充てんして使用するタイプと充てん済みのカートリッジを購入するタイプに分けられます。
品質面から言えば純正トナーがオススメですが、少しでもランニングコストを抑えたい場合にはリサイクルトナーのコストパフォーマンスは魅力になります。
リサイクルトナーを取り扱う業者の中には、指定された場所までカートリッジを回収し、トナーを充てんした後に納品してくれます。郵送で行われることもありますが、その価格は正規品では味わえないのが大きな魅力です。

リサイクルトナーとは何か

リサイクルトナーとは、純正品のカートリッジを再利用します。空になった純正カートリッジを回収した後、分解を行い、内部を洗浄して正規品と同量のトナーを充てんすると完成します。
気になるのは、正規品に比べた印字の品質とプリンター故障時のメーカーサポートが行われないことでしょう。正規品と同等とは言え、全く同じものではない上にメーカーでは純正品の使用を推奨しています。
コストパフォーマンスを最優先してリサイクルトナーを使用する場合もあれば、安全性を優先して正規品を使い続ける場合もあるでしょう。さらにリサイクルトナーを販売する業者の中には、トナーの品質を確かめられるプランやプリンター故障が発生した場合の修理費を肩代わりすることもあるようです。

リサイクルトナーを利用する時の注意点

実はトナーカートリッジの利益率はなかなか優れています。つまり、プリンター本体を手頃な価格で販売しても、その後に何度もカートリッジを購入してもらえるとメーカーとしては採算が取れるのです。
その意味からも、純正のトナーカートリッジは割り高な印象です。そこに目をつけたのがリサイクルトナーを扱う会社になります。しかし注意したいのは、そんなリサイクル業者の中でもオススメできる会社もあれば、ちょっと危険な会社も存在しています。
注意したいのは、リサイクルトナーを使用する上での印刷の品質とプリンター故障が発生した場合の責任です。安すぎる価格で販売している場合には、分解や洗浄をしっかりと行わずに充てんして販売しています。またプリンター故障の対応も明確でないなど注意が必要です。